2012年3月9日~25日に「Area Aid Design Project 東京展」が開催されます!

青森プレゼンツが、公益財団法人日本デザイン振興会が実施する「Area Aid Design Project(AADP)」に出展いたします。

「AADP」は、東日本で被災した東北・茨城を拠点とする工芸・デザイン関連企業に対し、展示会や商談会を通して、支援していこうという事業の一環として行われています。

青森プレゼンツの商品を身近でご覧いただくことができるこの機会、
皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

Area Aid Design Project 東京展

期間 2012年3月9日(金)~3月25日(日)
場所 東京ミッドタウン5F デザインハブ
東京都港区赤坂9-7-1

青森プレゼンツに新商品を追加しました!

青森プレゼンツに新ラインナップが追加されました!!
「青森プレゼンツ」からお届けする贈り物。
青森のおもてなしの気持ちが込められた、作り手たちのメッセージを是非感じてみてください。


・伝統の技法を現代に 「弘前藩の伝統装飾 暗紋プレート
・日本一だからこそ、やるべきこと 「木製食器 リンゴの木の箸置き
・青い森の夢や自由を形にしたら、可愛いカタチができました 「木製玩具 ひこーきー
・本物の津軽をぎゅっと詰め込んだアクセサリー 「木製アクセサリー リンゴペンダント
・使い込むほどに味が出てくるりんごの木 「木製食器 リンゴの木のカトラリー
・主人のスタイルに合わせて癒す。それが猫スタイル。 「木製フィギュア 猫スタイル
・おしゃれな夏の風物詩「涼やかな漆工芸 うちわ
・一見するとりんご、よく見るとりんごびな 「漆細工のひな人形 りんごびな
・あめ玉のような自由を楽しむアクセサリー 「津軽うるおいアクセサリー あめっコ
・シックなデザインに舞う模様「津軽うるおい漆 シルエットライン

2012年2月4日(土)~2月12日(日)にテーブルウェア・フェスティバル2012が開催されます

テーブルウェアフェスティバル

2012年2月4日(土)~2月12日(日)に東京ドームにて、テーブルウェア・フェスティバル2012が開催されます。

テーブルウェア・フェスティバル2012では各種イベントが開催されますが、その中で「日本の器を訪ねて」と題された漆、陶器、磁器など、日本の伝統の美と技をご紹介するコーナーで、青森プレゼンツの商品を展示いたします。

「漆」のある暮らしを是非ご堪能ください。

青森プレゼンツ参加の作り手リスト

また、20周年記念となる今年のテーブルウェア・フェスティバル2012~暮らしを彩る器展~では、特別企画として「華麗なるモナコ ~グレースケリーとコート・ダジュール」と題し、憧れの地中海リゾート「モナコ公国」の華やかな食卓を日本初公開の器と共にご紹介。特別販売も致します。
その他、各界の著名人が「おもてなしの食空間」をご紹介する「彩の暮らし」や、「第20回テーブルウェア大賞」などイベントが盛りだくさん。
詳しくは東京ドームシティオフィシャルホームページをご覧ください。

テーブルウェアフェスティバル2012概要

期間 2012年2月4日(土曜日)~12日(日曜日)
時間 10:00~19:00まで(入場は閉場の1時間前まで)
場所 東京ドーム
入場料 前売り料金 1,700円(税込)
当日料金 2,000円(税込)
内容 ・華麗なるモナコ~グレース・ケリーとコート・ダジュール~
・ロイヤルに愛された器たち
・ガラスで愉しむワインパーティー
・「受け継がれる心とかたち・やまがた物語」~山形県~
・「かごしまが誇る 用と美の器」~鹿児島県~
・彩の暮らし
・洋の器への誘い
・日本の器を訪ねて
・第20回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~
・展示販売コーナー
・ステージイベント

「ブナ ボウル&プレート」がTEKUTEKUに紹介されました

ブナボウルプレート

こだわりを見つける弘前情報紙「TEKUTEKU(テクテク)」に「ブナ ボウル&プレート」(合同会社 teco LLC.)が紹介されました。

手づくりの木製ボウル&プレートは、シンプルで扱いやすいデザインが特徴です。特にボウルは、木の特性を活かして保温性が高くさらに水滴も付きにくいため、お茶やスープなどを飲むのにピッタリ。大切な人を迎えてのおもてなしにきっと役立つこの器には、「青森プレゼンツ」の理想が溢れています。

ブナ ボウル&プレート詳細
立木祥一郎(合同会社 teco LLC.)紹介ページ

外部リンク

TEKUTEKU(テクテク)オフィシャルホームページ
合同会社 teco LLC.オフィシャルホームページ

津軽伝統工芸・クラフト展示会開催いたします 10月21日(金)~10月24日(月)

津軽伝統工芸・クラフト展示会
2011年10月21日(金)から10月24日(月)に「津軽伝統工芸クラフト展示会」を開催いたします。
津軽伝統工芸の「今」が一堂に会するこの展示会に、青森プレゼンツ参加の若手工芸家「EKONOMIE(エコノミー)」の作品展示と販売を行います。それぞれの個性を生かした形で津軽塗の技術の向上、連携と交流を深めながら業界全体の発展を目指した若手工芸家たちの想いを是非ご覧ください。

「津軽伝統工芸・クラフト展示会」では津軽伝統工芸・クラフトサマースクール受講生による作品展示や、「弘前工芸協会」会員の作品展示・販売も行います。また、「津軽伝統工芸+craftデザインアイデアコンテスト」から生まれた、「ブナコスピーカー」の開発状況の紹介と視聴会も行います。
みなさまのお越しをお待ちしております。

青森プレゼンツ参加の作り手リスト

展示会概要

期間 2011年10月21日(金曜日)~24日(月曜日)
時間 10:00~19:00まで(24日は17:00まで)
場所 弘前市立百石町展示館
青森県弘前市大字百石町3番地2
0172-31-7600
内容 ・「津軽伝統工芸・クラフトサマースクール」において、高校生、大学生等が製作したオリジナル作品の展示
・津軽伝統工芸・クラフト各分野で活躍する弘前工芸協会会員の作品展示・販売
・新鋭若手工芸家団体「EKONOMIE」(エコノミー)の作品展示・販売
・「デザインアイディアコンテスト」から生まれたブナコで製作したスピーカーの開発状況の紹介及び視聴会


大きな地図で見る