変わり塗「金魚ねぷた」製品詳細

漆の中に再現された愛くるしさ

藩政時代から、津軽の庶民のおもちゃとして愛され続けてきた金魚ねぷた。その可愛らしさをまったく損なわず、津軽塗の技術を応用して漆の中に再現させました。津軽に生きる人々の伝統や思いが、この小さな小さなねぷたの中に、込められています。

青森の夏の思い出をよみがえらせる

キーホルダーやアクセサリーとして、そばに置いておきたいその粋なデザイン。現在は赤と黒の2パターンのみですが、いずれは新色も登場の予定だとか。

作品詳細

商品名 変わり塗「金魚ねぷた」
寸法 直径30㎜ 参考価格(税込) 1,500円~
素材 用途 キーホルダー、アクセサリー、その他
種類 漆工芸品 (津軽塗:変わり塗) カテゴリ
作り手 増川泰治 お問い合わせ先 有限会社 イシオカ工芸

作り手

増川泰治(EKONOMIE)

元は安全靴や作業服を売る営業の現場で働いていたという増川でしたが、28歳の年に一念発起、青森県の「伝統工芸担い手育成事業」に参加し、津軽塗職人としての道を歩み始めます。
「自分の手でものをつくり出す喜び。それが実現できるラストチャンスに巡り合うことができました。それまでの単調な日々に比べて毎日が楽しく、この道を歩んで良かったと感じました」

増川泰治(EKONOMIE) 詳細ページ

青森のお土産・工芸品 カテゴリ別で探す

このページの先頭へ戻る